FBI-SWATのM4A1風に電動ガンをカスタマイズしてみた2

この記事は約3分で読めます。

FBI SWAT風M4A1

少し前に東京マルイの次世代電動ガン M4A1のハンドガードなどをFBI SWAT風にカスタマイズしたことを紹介する記事を書きました。

FBI-SWATのM4A1風に電動ガンをカスタマイズしてみた

その後、サバイバルゲームで使ったり眺めているなかで、「もっとFBI SWAT風にしたい」という気持ちが強くなりました。
前回の記事の状態から変更したパーツなどを簡単にまとめましたので、紹介していきます。

スポンサーリンク

もっとFBI-SWAT風にM4A1をカスタマイズするために購入したパーツ

ストック

FBI SWATといえばOD(オリーブドラブ)色のマグプルCTRストックのイメージです。前回の記事では黒色のCTRストックのレプリカをつけていましたが、新たにOD色のCTRタイプのものを購入しました。

CTRストック

CTRストック

購入したのはA&Aのものになります。とくに問題もなくストックパイプに装着でき、雰囲気もがらりと変わりました。

ドットサイト

ドットサイトも実際のFBI SWATが使用しているAimpointのT2とダニエルディフェンスのマウントの組み合わせを再現するため、どちらも新たにレプリカを購入しました。

ドットサイトとマウント

ドットサイトとマウント

マウントはEvolution Gear、ドットサイトはACE1 ARMSのものになります。

ACE1 ARMS T2

ACE1 ARMS T2
ACE1 ARMSのAimpoint T2タイプドットサイトですが、少しレティクルが暗い印象を受けましたが、質感は良い感じです。

バッテリーケース

最後にバッテリーケースです。
東京マルイのPEQ16タイプのバッテリーケースをつけていましたが、実際のFBI SWATはPEQ15のDE色を使用しているようですので、FMAのレプリカを購入しました。

PEQ15バッテリーケース

PEQ15バッテリーケース

配線を通すための穴はピンバイスとニッパー、やすり、Pカッターなどを駆使して自分であけました。硬いプラスチックだったので、なかなか大変な作業でした。

ひとまず完成したFBI SWAT風M4A1

とりあえず見た目的に満足いく形になりました。

さっそく次回のサバゲに持っていきたいと思います。

FBI SWAT風M4A1

ちなみに以下の装備品類も買ったので、FBI SWAT風度が少し上がったと思います。

PIG Alphaグローブ
PIG FDT-ALPHAグローブ
Mサイズを購入したら、少し小さめだったのでLサイズでよかったなと感じています。

HSGI ベルトパッド
HSGI TACOマグ(ベルトパッドの左端の2つ)
TACOマグはもともとつけていたもの(ピストルとライフルのマガジン両方はいるもの)から、ピストルマグ用に変更しました。

あとはハンドカフケースなどつけたいと考えています。


今後しばらくは装備品類(プレートキャリアや各種ポーチなど)の充実に資金を投入していきたいと思います。
ミルウォーキー支局のFBI SWATがVLTORストック(東京マルイのCQB-Rについてるストック)のM4A1を使用しているようなので、CQB-Rベースでもう1丁FBI SWAT風M4A1をつくるのもいいかなと思いますが、お財布と相談しつつになります…

もう1丁つくるなら、ハンドガードはガイズリーMK4にしたいと思います。