FBI-SWATのM4A1風に電動ガンをカスタマイズしてみた

この記事は約4分で読めます。

FBI-SWAT風M4A1
とある日、しばらくご無沙汰だったチーム内での貸し切りサバイバルゲームの予定が入りました。

それに持っていくためにFBI-SWATが装備する少し短いバレルのM4A1風にカスタマイズした電動ガンを新調したので、使用したパーツなどをまとめました。

スポンサーリンク

FBI-SWAT風M4A1カスタマイズ

東京マルイ・次世代電動ガン M4A1をベースにカスタマイズをおこなうことにしたのですが、
中古でなかなか売っていなかったため、新品の電動ガンをもとにしました。

今回のカスタマイズはあくまでFBI-SWAT風M4A1なカスタマイズのため、本格的なカスタマイズをしている方からしたら「なにこれ?」と感じるかと思います。しかし、個人的にはそれなりのものができたと思っています。

ちなみに、使用した主なパーツは下記の通りです。

FBI-SWAT風M4A1を作るにあたって、下記のブログ内の記事や「PEACE COMBAT」などのサバゲ関連の雑誌を参考にしました。
https://tempurale.militaryblog.jp/

カスタマイズ内容

カスタマイズの詳細内容についてです。

FBI-SWAT風M4A1
全体
ノーベルアームズのSURE HIT T2 SOLARは、私が利き目と利き手が逆(クロスドミナンス)のため右目で覗きにくいので、マウントベースを使ってハイマウントにしています。

FBI-SWAT風M4A1
ハンドガードはFBI-SWATが実際に使っているTROY Alphaに見た目が似ているTRXのレプリカを使用しました。
次世代M4A1へバレルナットを装着する際、ねじ山が全く合わなかったので、ダイヤモンドやすりで削って試してをひたすら繰り返し、なんとか装着しました。

FBI-SWAT風M4A1
アウターバレルは標準の14.5インチのものから11.5インチに換装。
インナーバレルは標準のものをパイプカッターで短く切断して、アウターバレルの長さにあうようにしました。本当はインナーバレルもかえるほうがよかったのでしょうけど…

AN/PEQ-16バッテリーケース
バッテリーをAN/PEQ-16バッテリーケースにいれるようにするため、元々の配線から少し延長し、あわせて下記ブログ記事を参考に、ヒューズを平型ヒューズに変えています。
https://sassow.com/archives/2423679.html

TROYタイプバックアップサイト

TROYタイプバックアップサイト
飾りですがバックアップサイトもつけてます。
まあ使うことはないと思いますが…

FBI-SWAT風M4A1の使い心地

チーム内貸し切りサバゲの前に1回、1人で某サバゲフィールドの定例会に参加し、事前に調整を行いました。
そして今回のカスタマイズをはじめるきっかけとなった、チーム内貸し切りサバゲでの使用をおこないました。

2回のサバゲで感じた使い心地ですが、なんといっても取り回しの良さが抜群です。
通常のM4A1より3インチ短いアウターバレルに換装することで、身長があまり高くない私にとって、構えやすくなりました。
そのおかげで取り回しやすく、CQBから山林のエリアまで、スムーズな動きをとることができ、ヒットも多く取れました。

アウターバレルやインナーバレル、ハンドガードを交換したので弾道の狂いも出てくるかと思っていたのですが、今のところは特に問題なく弾が飛んでいます。
バレル交換などは実質今回がはじめてだったので、心配していたのですがひとまず安心…

使いやすく見た目も満足な銃をカスタマイズできたので、これからのサバゲがますます楽しくなりそうです。この調子でプレートキャリアなどの装備品もFBI-SWATに近づけていきたいと思います。

FBI-SWAT風M4A1

余談ですが、アメリカにはFBIをはじめとした多種多様な法執行機関が存在することが知られています。複雑多様な各機関の概要を知るのに、下記の「アメリカの警察」という本がなかなか良いです。