写真と動画を同時撮影したいときに便利なエツミ・モビキャッチ

この記事は約3分で読めます。

エツミ・モビキャッチ
私が主に被写体としている乗り物の撮影の現場では、写真と動画どちらも同時に撮りたいと感じる場面が多々あります。
これまで色々なアイテムを使って試行錯誤してきましたが、ようやく自分の中で完成系となる組み合わせを見つけることができたので、紹介していきます。

写真と動画を同時撮影するためのこれまでの試行錯誤

SONY・VCT-CSM1をカメラのアクセサリーシューに取り付け、そこに乗せるものを変えて色々試行錯誤してきました。
以下がこれまでに写真と動画を同時撮影するために一眼と組み合わせたものです。

  • アクションカム(SONY FDR-X3000)
  • コンパクトデジカメ(SONY RX100M6)
  • スマートフォン(iPhone)

アクションカムは広角な動画となりすぎ、コンパクトデジカメは写真のサブとして使う方が使い勝手よく、結局のところスマートフォン(iPhone)で動画を撮りつつ一眼で写真というスタイルに落ち着きました。

しかし、SONY・VCT-CSM1ですと、アクセサリーシューから垂直の位置にスマートフォンがあることで、撮影時にかぶっている帽子のツバと干渉することがよくありました。
「この干渉がなければなあ…気になるなあ…」と感じつつも、「なにかいいアイテムないかな?」と探している時に見つけたのが今回の記事で紹介する エツミ モビキャッチになります。

エツミ・モビキャッチを使ってデジイチとスマホを組み合わせる

エツミ・モビキャッチ
パッケージに入った状態のモビキャッチ

エツミ・モビキャッチ
パッケージから出した状態のモビキャッチ
スマホホルダーが横を向いた状態になっています。

エツミ・モビキャッチ
スマホホルダーは下部のネジで取り外し可能です。

エツミ・モビキャッチ
エツミ・モビキャッチをCanon EOS90Dのアクセサリーシューに装着
がたつきもなくしっかりと装着できます。

エツミ・モビキャッチ
スマホホルダーにRODE VIDEOMIC ME-LをつけたiPhone8をはさんだ状態
付属のスマホホルダーは少々扱い辛く感じ、チープな感じがするので別のスマホホルダーに変えるほうがよさそうと個人的に感じました。

エツミ・モビキャッチ
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMをつけたEOS 90DにRODE VIDEOMIC ME-L付きiPhone8を組み合わせた状態

撮影に行くときに被っている帽子をかぶって実際にカメラを構えてみたところ、iPhoneの位置が帽子のツバと干渉しない位置になるため、SONY・VCT-CSM1より構えやすいと感じました。

150-600mmのレンズなどですと、レンズフードの映り込みなどがある可能性がでてくるとおもいますが、いま手持ちのレンズですと映り込みもなく、静止画と動画を同時に撮影できました。

実際の撮影現場で使うのは、ここ最近の社会情勢からしばらく先になりそうですが、実運用が楽しみなアイテムです。