ダイソーの缶ストッカーをサバゲの時に活用してみた

この記事は約2分で読めます。

缶ストッカー

ダイソーの缶ストッカー(税別100円)をサバイバルゲームに使うBBボトルやガスガン用のガス缶をまとめるのに使用してみました。

車関連の方がスプレー缶の収納などに活用されている例は時々見ますが、サバゲ関連の方が使用されている例はなかなかなさそうなため、使用感などをメモとして簡単にまとめました。

スポンサーリンク

ダイソーの缶ストッカーはガス缶、BBボトルをまとめるのにちょうど良い

元々は缶ビールなどをまとめるために使用する用途の缶ストッカーですが、ガスガンのガス缶をいれておくのにもちょうど良いサイズ感です。
BBボトルは太めのものですと入らないですが、細身のものであればいれることができます。
だいたい500ミリリットルのペットボトル程度の太さのものであればなんでも入りそうです。

缶ストッカー
ガス缶を入れてみるとこんな感じ

缶ストッカー
ガス缶などのフィット具合はこんな感じ
BBボトルはマイクロエースの中サイズのものなら入りますが、大サイズは入りませんでした。

セーフティーエリアで缶ストッカーを活用

フィールドへの移動時などは缶ストッカーの向きに注意が必要(逆さまになると落ちてくる)です。バンジーコードなどで入れたものを止めておくのがよさそうです。

缶ストッカー
セーフティーではガス缶、BBボトル、水分補給用の水などのペットボトルなどを差し込んでおくことで、小物類が散らかりません。

アイデア次第でいろいろと活用できそうです。