格闘技ジムに行きにくいので、ケトルベルとヨガマットを購入してみた

この記事は約3分で読めます。

ケトルベル

週1〜2でブラジリアン柔術MMAを習いにジムに通っているのですが、昨今の社会情勢や諸々の家庭事情によりジムに行きにくい日々が続いています。
柔術、MMAに活かせるトレーニングをそこまでお金かけずに家でしておこう」と思い、全身の筋トレに良いと評判のケトルベルを購入してみました。

購入したケトルベルはKETTLEBELLKONの12kg

KETTLEBELLKONのケトルベル
今回購入したケトルベルはKETTLEBELLKONの12kgのものになります。
Amazonベーシックのケトルベルが安価だったので、最初はそちらを買おうと思っていました。しかし、ケトルベル表面のコーティングがビニールコーティングが多い中、ネオプレーン素材で高級感を感じたのでKETTLEBELLKONのものにしました。

KETTLEBELLKONのケトルベル

KETTLEBELLKONのケトルベル
グリップはバリなどもなく、適度に滑らかで握りやすいです。
実際に使う時も滑ったりせずいい感じです。

KETTLEBELLKONのケトルベル
ネオプレーン素材でコーティングされているので、床へのダメージも軽減されそうです。
ビニールコーティングよりネオプレーン素材のコーティングのほうが高級感もありそうな印象です。

GronGのヨガマット
床に置いた時の衝撃を更に緩和するために、GronGのヨガマットもあわせて購入しました。
ケトルベルを使った筋トレ以外にも軽いストレッチなどをするときに、さっと床の上に敷いて使っています。

ケトルベルを使ってトレーニング

youtubeの動画を参考にしながら、仕事終わりにスイングゴブレットスクワットをメインに色々とやっています。
スイングは思ったよりしんどいのですが、やり終えた後は爽快感があります。
その他にも本やyoutubeを参考にしながら、いろいろな筋トレやってみたいと思います。

個人的にはダンベルでする筋トレより楽しく感じています。



ジムに行けるようになるまではしっかりと筋トレをおこない、少しでも動けるように準備しておきたいです。