2022年に購入したガジェットと来年購入したいガジェットのまとめ

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

2022年に買ったガジェットまとめ

早いもので2022年も残り1ヶ月を切りました。今年は転職して零細ブラック企業からホワイトな企業へと転職を行い、フルリモートで仕事をしています。

そんな2022年に購入したガジェットと来年購入したいガジェットを紹介します。

2022年に購入したガジェット

2022年に購入したガジェットの紹介です。

Anker PowerConf H700

Anker PowerConf H700

フルリモートでの仕事となったので、zoomなどを使ったビデオ会議が前職より増えました。だいぶ前に購入した有線接続のUSBヘッドセットを使用していたのですが、ヘッドセットの使用回数が増えたことにより、ケーブルが引っかかったりするのが気になるようになりました。

そこでワイヤレスのヘッドセット、Anker PowerConf H700を購入しました。ワイヤレスのヘッドセットはゲーミング系の製品ばかりでなかなか「これ!」というものがなかったので、安定のAnker製品を選びました。

Anker PowerConf H700

Anker PowerConf H700
持ち運び用のケース
出社する機会がない限り、使うことはなさそうです。

Anker PowerConf H700
充電スタンドにのせた状態

結構お高い値段ですが、とくに気になる点もなく毎日の仕事で使えています。
ノイズリダクション機能も優秀なようで、「声がクリアに聞こえるようになった」と同僚にも言われました。

ゲーミングヘッドセットのようなキラキラしたものではなく、ビジネスに使える高性能なワイヤレスヘッドセットをお探しの方には良いアイテムだと思います。

Anker 333 Wireless Charger (3-in-1 Station)

Anker 333 Wireless Charger (3-in-1 Station)
iPhoneとApple Watchの充電のために、Anker 333 Wireless Charger (3-in-1 Station)を購入しました。

iPhoneとApple Watchの充電のために、デスクの上がケーブルで乱雑となっていたのを解消する目的のためです。

Anker 333 Wireless Charger (3-in-1 Station)

Anker 333 Wireless Charger (3-in-1 Station)
本体裏にいらいら棒のような溝があり、そこにApple Watchの充電ケーブルをはわせることでiPhoneとApple Watchの充電に対応

Anker 333 Wireless Charger (3-in-1 Station)
左側のスタンド型ワイヤレス充電器は、iPhoneをケースに入れたまま充電可能です。スタンド型なので、仕事をしながらiPhoneでTwitterを見たりなども可能です。

真ん中のパッド型ワイヤレス充電器は、Airpodsなどを持っていないため、いまのところ使用機会がない状態です。

右側は本体裏をはわせたApple Watchの充電ケーブルをはめ込めるリング型のスタンドになっています。

デスク上の複数の充電ケーブルを集約したい方におすすめです。

SONY α6600 高倍率ズームレンズキット

SONY α6600

2019年に購入したCanon EOS90Dを、昨今のコロナ禍で全くつかわなくなったことで、知り合いに売り払いました。
しばらくは後述のSONY RX100M7と2019年から使用しているSONY RX100M6の2台のコンデジで十分かなと思っていたのですが、徐々に乗り物系イベントも増え出したことで、SONY α6600 高倍率ズームレンズキットを購入しました。
乗り物イベント用レンズとしてSEL70350Gもあわせて購入し、5月の千僧駐屯地創立記念行事よりメインカメラとして使用しています。

【2021年版】これまで使ってきたカメラとこれから使ってみたいカメラまとめ #カメラ遍歴
第3師団創立61周年・千僧駐屯地創設71周年記念行事に行ってきた

SONY α6600
本体
少し前に所有していたα6500とあまり変わらないので、違和感なく使いこなせています。α6500では使用バッテリーがNP-FW50だったのが、α6600ではNP-FZ100になったのでバッテリー持ちも良くなりました。(ミラーレス機故にバッテリー持ちが悪いため、一時期よりCanonの一眼レフが乗り物イベント用になっていた)

SEL18135
ほぼ新品の高倍率ズームレンズキットを購入したので、18-135mmのSEL18135がついてきましたが、ほとんど使うことなく防湿庫に入っています。

SEL70350G
乗り物イベント用として活用しているSEL70350G
基本的にα6600にこのレンズをつけて、サブにRX100M6と動画用にRX100M7という機材で防災訓練など乗り物イベントを撮影するのが2022年スタイルとなりました。

そろそろ後継機が出てきても良い頃合いのα6600ですが、なかなか出てくる気配がないですね…

SONY RX100M7 シューティンググリップキット

SONY RX100M7

RX100M6では動画撮影の時間制限があり、マイク端子もないため外部マイクを使えないという気になる点がありました。それを解消するためにSONY RX100M7をRX100M6と併用するために購入しました。

SONY RX100M7 シューティンググリップキット
購入したのは予備バッテリーや三脚機能付シューティンググリップなどがセットになったシューティンググリップキットです。
外部マイクは、買ったは良いもののあまり使っていないRODE VdeoMic Goを使っています。

SONY RX100M7 シューティンググリップキット
関西国際空港での撮影の様子
RX100M6では4K動画は最長5分でしたが、RX100M7ではそれ以上の時間の撮影も可能となり、外部マイクとあわせて高画質かつ風切り音などのノイズを抑えた動画を撮れるようになりました。

RX100M6とRX100M7の組み合わせでしばらく行くぞ!と思っていたら、先に紹介したα6600を購入しているあたりがアレですが…。

その他のガジェット

その他に購入したガジェットは、紹介記事の方をご覧ください。

転職したので、MX Keys MIniとノートパソコンスタンドを購入した
コンパクトなシュレッダー、アイリスオーヤマ・P5GCXを購入してみた

2023年に購入したいガジェット

ここからは2023年に購入したいガジェットを紹介します。

トヨタ カローラツーリング HV WxB

2023年に購入したいというか購入に向けて動いているのが車です。学生時代より乗り続けけてきたホンダ・ストリームが来年で購入後10年経つこともあり、このタイミングで買い替えることにしました。

色々と候補車を考えたところ、トヨタ カローラツーリング HV WxBが一番よさそうだと思っています。先日、ディーラーで見積もりしてもらったところ中古車と新車であまり価格差がないのもあり、新車を残価設定クレジットで購入する予定です。

現在は頭金の準備中で、早ければ1月か2月ごろには注文して5月以降納車になりそうです。

Apple iPhone SE 3

2020年から使用しているiPhone SE 2をiPhone SE 3に買い替えたいと思っています。

iPhone 14 Proなどのハイエンド機も魅力的はありますが、自分にとってスマホに必要十分な機能をiPhone SEシリーズで満たしているので今回もiPhone SEシリーズを購入する予定です。

7月の夏季賞与が出る当たりのタイミングを買い替え時期として現状考えています。

Apple Apple Watch SE 2

2017年から使用しているApple Watch Series 2をiPhoneとあわせて買い換えたいと思っています。

購入するならApple Watch SE 2かなと思っています。


以上、2022年に購入したガジェットと来年購入したいガジェットのまとめでした。
前職の零細ブラック企業時代は、ストレスからか無駄にAmazonや楽天で散財していましたが、転職してからはそこまで物欲がなくなり、しっかりと計算してお金を使えている気がします。

来年は車の購入などの予定があるので、今年以上に考えてガジェットを買っていきたいと思います。